赤ワイン:友達か敵か?

公認の科学的意見はそれを認めています:赤ワインは健康に良いです。なぜこの告白はそんなに有罪なのですか?なぜなら、ワインはその消費の影響だけでなく、すでに製造されたときにも、本当の逆説だからです。

これまで見てきたように、赤ワインのすべての有益な成分の中に侵入者がいます:アルコール。しかし、ワインがすべての長所を持っているのは、まさにアルコールだからです!間に 発酵、その後の成熟と醸造 、糖はエタノール分子に変異し、皮膚と種子は有名なレスベラトロールを含むポリフェノール分子を生成します。ちなみに、赤ワインはポリフェノール含有量が最も高く、ボーナスが付いているものであることを思い出してください。 有機栽培のワイン (平均して従来のワインの2倍のレスベラトロール)。

納得のいく抗アルコール剤については、ポリフェノールが他の食品に含まれていることを知ってください。
毎日、2杯の赤ワインをお好みのものに置き換えることができます:100 gのダークチョコレート、200 gのイチゴ、15杯のコーヒー、数リットルの緑茶、または... 10リットルのブドウジュース!

しかし、ワインに戻ります。アルコールが少なく、何よりも食べ物であり、そのように消費され、食事中に、それはすべての利点を解放します。

これはワインのもう一つの逆説です。その消費は祝賀と喜びに関連しており、心理社会的側面での質を高めます。うつ病やその他の不安関連障害の予防、家族の強化、集団的連帯です。

それで、味方か敵か?

科学界は分かれており、カプセルでレスベラトロールを合成することに成功しても、友人と一緒に赤ワインを飲むほど強力な薬や投与が容易になることは決してないことをよく知っています。

現在、議論は限界に達しています。推奨/承認する赤ワインのグラスは何杯ですか?続くケース...今日、私たちは1日あたり1〜3個の10 clグラスについて話します(巨大なトングで)。テーブルの下に転がるものは何もありません!

アメリカ人は現在、ワインのラベルに健康上の利点について言及することを許可しています。中国と日本は、生産者としてほとんどまたはまったく関心がないものの、この傾向を追っています。

フランスでは、2000年の間、ワインを飲むことは文化的行為の一部であり、社会的つながりを強化してきました。私たちは自分たちの遺伝子に土地を持っています。赤ワインの利点を認識することは、自発的にアルコール依存症の集団を生み出す可能性は低いです。

したがって、パスツールによれば、「ワインは飲み物の中で最も健康的で最も衛生的である」こと、そしてブリラット・サヴァリンの土地では「グルトニーは過剰の敵である」ことを覚えておいてください。利点がいっぱい:赤ワイン。そしてさらに良いことに、プロヴァンスからの私たちの良い赤ワイン!

??? パースペクティブマガジン

痛みを和らげるためのポケットマットレス

マットレスの製造も技術開発の恩恵を受けています。オーバー...
?????