???10???????????2021

新しいPlacoスクリュードライバーを選択するのは難しいですか?これを書いた 特別購入ガイドプラコスクリュードライバー あなたを助けるために、現時点で最高の売上高のトップ10、テスト、意見…のように すべての購入ガイド、私たちはあなたが最高のプラコスクリュードライバーを選ぶのを助けるために最善を尽くしました!

石膏ボードドライバーのセレクション

プラスターボードスクリュードライバー購入ガイド

石膏ボードスクリュードライバーとも呼ばれます 石膏スクリュードライバーまたはドライウォールスクリュードライバー 石膏ボードを固定できる電動工具です。石膏を固定するための交換可能なスクリュービットが取り付けられています。プラスターの脆弱性を考えると、プラスターボードスクリュードライバーなどの特殊な装置を使用すると便利です。ただし、損傷の可能性を回避するために、最適なモデルを選択するように注意する必要もあります。これを念頭に置いて、私たちの比較は、このツールに関する必要な情報と、正しい選択を行うための基準を提供することを目的としています。あなたがアマチュアであろうとプロの便利屋であろうと、私たちのアドバイスはあなたに役立つことがあります。

プラスターボードスクリュードライバー:どのような用途に使用しますか?

したがって、石膏ボードスクリュードライバーは、DIY愛好家を対象としたポータブルツールです。 特に石膏で動作します。確かに、不適切な材料が使用されている場合、固定は正しく実行されません。ネジはキャストにうまくフィットするように特定の速度で設定する必要があります。このタイプのドライバーだけがそれを行うことができます。さらに、このタイプのデバイスには調整可能な速度と深度設定があることを知っておく必要があります。ただし、石膏ボードのドライバーを同じ種類の他のタイプのツールと比較すると、トルクとクランプ力は低くなります。

さまざまな種類の石膏ボードドライバー

ドライバーの選択は、 敷設する表面と加工する石膏の量.

古典的な石膏ボードスクリュードライバー

このように、小さな改修などの時折の作業のために予約されている古典的な石膏ボードスクリュードライバーがあります。ドライバーに配置された磁気チップが装備されており、石膏ボードにネジを正しく配置する機能があります。これは、1回限りの使用を目的とした使いやすいモデルです。これにより、作業の完了が遅くなる可能性があります。

ローダーまたはベルトスクリュードライバー

次に、その名前が示すように、石膏ボードローダースクリュードライバーがあります 約50本のネジの充電器。その後、使用が速くなります。

自動石膏ボードスクリュードライバー

最後に、自動石膏ボードスクリュードライバーがあります。これは主にDIYの専門家に見られます。石膏ボードの取り付けは、より集中的な方法で行われます。 より正確。デバイスはまた、取り扱いと取り扱いに関してより多くの品質を必要とします。非常に高速で、厚い石膏プレートでの作業が可能です。

コードレスおよびコード付き石膏ボードドライバー

電源について言及すると、ドライウォールスクリュードライバーには2つのカテゴリーがあります。 ワイヤレスモデルとワイヤードモデル。コードレススクリュードライバーは、フィールドで優れた性能を発揮し、同等以上の性能を備えているため、今日非常に人気があります。ワイヤレスモードは、より簡単で人間工学に基づいた使用にも役立ちます。一方、有線モデルは、有線の存在によって制限が生じる可能性がある場合でも軽量です。さらに、充電する必要はありません。

石膏ボードドライバーを選択するためのパラメーター

ニーズに合ったドライウォールスクリュードライバーをお探しの場合は、以下のパラメーターを考慮して最適なモデルを見つけてください。選択を確認するためにテストを受けることを忘れないでください。

電源モード:有線または無線

考慮すべき最初の基準は食品です。これは、実行する作業の強度によって異なります。それは主に息子の問題です。あなたがかなりの仕事をしている分野の専門家であるならば、持っているコード付き石膏ボードスクリュードライバーを選んでください より多くの自律性 バッテリーの故障に邪魔されることなく動作します。
いくつかのための 一回限りのDIY作業、実用的でかさばらないコードレススクリュードライバーを非常によく選択できます。そのため、常に電気を必要とせずに、どこでも作業できます。いずれにせよ、アンペア数の良いリチウムイオンバッテリーが必要です。このタイプのバッテリーを使用すると、次のような多数のネジをねじ込む可能性があります。 2000〜3000 デバイスが放電する前。理想は、自律性を最適化するために2つのバッテリーのセットを選択することです。

デバイスの電圧と電力

次に、ツールの張力を確認する必要があります。 14ボルト以上である必要があります。これに加えて、ワットで表される電力があります。これは、デバイスのパフォーマンスと実行できる作業の強度に依存します。一般に、スクリュードライバーの出力は400〜700ワットです。ハイパワーを使用すると、厚い素材でも簡単に作業できることに注意してください。

モーター回転速度

1分あたりの回転数で表される速度基準もあります。 2000および4000。専門家が集中的に使用する場合は、毎分4000回転の速度の石膏ボードスクリュードライバーをお勧めします。一部のモデルは、最大6,000rpmまで上昇することもあります。

重量

あなたの便宜のために、ドライバーの選択も検討してください その体重はあなたをあまり重くしません 特にあなたが一日中ドライウォールで作業しなければならない場合。

ねじ込み深さの調整

これは非常に重要な基準です。この機能を備えたドライバーを使用すると、 ネジがその移動を停止しなければならない瞬間を定義します。誤って挿入されたネジは石膏ボードの固定強度を損なうことを知っておく必要があるため、このパラメータは決定的です。

アクセサリー

最後に、石膏ボードスクリュードライバーには、次のような多くの便利なアクセサリが付属しています。 ベルトフック デバイスを近くに保つため、暗い場所で作業するための照明、 ビットホルダー ドライバーの端に取り付けられ、もちろん石膏ボード用に特別に設計されたネジ。

範囲から選択

他の製品と同様に、石膏ボードスクリュードライバーはさまざまな範囲で入手できます。したがって、各範囲の各モデルは、価格、アクセサリ、およびデバイスの一般的な寿命の点で異なります。

  • エントリーレベルのモデル :これらは主に、小さなねじ込みとねじ込み解除の作業を実行できるようにするドライバーです。速度はまだ高速で、先端は磁化されます。石膏ボードの取り付け作業に完全に対応します。このタイプのデバイスの価格は通常、100ユーロを超えません。
  • ミッドレンジモデル :ここでは、市場で最も価値のあるドライバーを見つけます。確かに、特にネジを降ろす速度やデバイス自体の速度と比較して、パフォーマンスは高くなっています。ミッドレンジのドライバーを使用すると、より集中的に使用できます。
  • 最高級モデル :この範囲のプロ品質のスクリュードライバーは、パフォーマンスが大幅に向上します。実際、それらは一般に、デバイスが非常に高速に到達できるようにする可変速度ドライブを備えています。ほとんどの場合、記録的な速さで大量のネジを送るための自動フィーダーも装備されています。ご想像のとおり、価格は高く、数百ユーロにも達する可能性があります。

これらが考慮すべきパラメータである場合は、認知されたブランドを選ぶことを忘れないでください。正しい選択をしていることを確認するには、これらの基準がすべて、購入する予定のデバイスに含まれていることを確認してください。可能な限りデバイスについて自分自身に通知することを怠らずに、詳細について販売者にアドバイスを求めることを躊躇しないでください。

これで、適切な石膏ボードドライバーを選択できるように、すべてのカードが手元にあります。石膏ボードでの作業は うまくいく これからは、最高のデバイスを自由に使用できるようになります。使用前に遠慮なくテストを行ってください。いずれにせよ、使用頻度と、この比較で前述した基準に従って、ドライウォールスクリュードライバーまたはドライウォールスクリュードライバーを選択してください。

石膏ボードをねじ込む方法は?

この種の操作を適切に実行するには、さまざまな条件を遵守する必要があります。

高品質の石膏ボードネジを選ぶ

ドライウォールファスナーを高品質にするために、最初に行う必要があるのは 良いネジを選ぶ。さまざまな選択肢が市販されており、その品質はしばしば異なります。理想は、プロ仕様のネジを選択して、優れたパフォーマンスを確保することです。高性能スクリューは、その能力のおかげで認識できることを知ってください 素早く簡単に浸透 石膏と金属構造で。

石膏ボードについて知っておくべきこと

石膏ボードは 成形石膏材料 段ボールの2つの薄い層の間。したがって、ボックスによって提供される抵抗のおかげで、プレートを維持することが可能です。したがって、石膏を金属または木製のサポートに保持するには、ネジを使用する必要があります。さらに、このタイプの材料の特定の脆弱性は、したがって、ねじ込むときに非常に高い精度を必要とします。また、ネジの挿入が不十分だと、石膏板のメンテナンスが悪くなり、動きます。そうしないと、プレートの段ボールが破れ、完全に損傷する可能性があります。

したがって、ねじは、触れたときに感じるだけの方法で挿入する必要があります。 léger renforcement. De plus, il est important de former une sorte de cuvette au niveau de la tête de vis pour s’assurer de la bonne mise en place d’un enduit. Ici, l’utilisation d’une visseuse placo est indispensable grâce à la fonction de réglage de la profondeur. Dans ce cadre, sachez qu’il existe différents types de plaques de plâtre qui se différencient par rapport à leur dureté et leur densité. Il est donc crucial de trouver le meilleur réglage pour chaque type de placo-plâtre. L’idéal serait de faire un essai sur un morceau de plaque afin de trouver le bon paramètre.

L’étape du vissage

Une fois que vous vous êtes équipé de vis de qualité, et que vous avez bien réglé la profondeur de votre visseuse, vous pourrez vous lancer. On va ainsi prendre comme exemple l’installation de plaques de plâtre sur une contre cloison à armature à double montant. Les montants seront donc espacés de 60 cm environ. Dans ce genre de cas, l’usage de placo standards est préconisé. Vous pourrez ainsi utiliser des vis de 25 mm de long. Au niveau des jointures des plaques, il est possible d’installer des vis sur chaque montant en optant pour un espacement vertical de 30 cm. Cette technique permet à la structure d’avoir une certaine rigidité. À noter que le point de départ des vis devrait être à environ 7 cm du plafond.

En ce qui concerne le haut des plaques, il est important de placer deux vis à 40 cm des bords dans le rail. Cela aura pour effet de maintenir parfaitement la plaque de plâtre en place. Attention, il est fortement déconseillé d’installer des vis au niveau des croisements du rail et des montants. Sur les bas des palco, vous procèderez de la même manière.

L’étape des vérifications du vissage

Durant votre vérification, si vous remarquez qu’une ou plusieurs vis ont été enfoncées trop profondément, laissez-la en place et mettez-en une autre à une distance de 1,5 cm. Dans le cas où le cas contraire se produit, soit lorsqu’une vis est enfoncée de manière insuffisante, réglez tout simplement le problème avec un tournevis. D’une manière générale, un demi ou un quart de tour suffira. Aussi, il existe une astuce pour reconnaitre une vis qui n’a pas été insérée suffisamment, surtout au niveau des montants intermédiaires. En effet, en utilisant un couteau à enduire ou une simple spatule, vous pourrez les repérer facilement. Lorsqu’une vis accroche, vous devrez ainsi la resserrer. Enfin, sachez qu’il est important de prendre le temps nécessaire pour vérifier les vissages pour s’assurer de la solidité de l’installation. Cela facilitera également l’éventuelle pose d’enduit ou de calicots.

トップセラー

????:2021-02-24 02:32:10