DIY:サンダー、あなたの家を改装するために不可欠なデバイス

あなたはあなたの家で改修することがいくつかあり、あなたはサンダーの利点を頼りにすることができます。まず第一に、すべてのサンダーモデルはサンディング用に設計されていますが、表面のタイプが異なることを知ってください。の間 オービタルサンダー オービタルサンダーの場合、材料やツールの使用例など、大きな違いが生じる可能性があります。

より多くのパワーのために、ベルトサンダーを選ぶ

あなたを待っているサンディング作業がかなり充実している場合、理想は ベルトサンダー。この電動サンダーを使用すると、より多くの材料を簡単に計画できます。

通常、ベルトサンダーは、木材や石膏などの他の素材を使用するときに重いコートを剥がすために使用されますが、 石膏サンダー このタスクのために。確かに、それは塗料の表層を取り除くことを可能にします。これらすべての理由から、この研磨機の出力は最小で1000ワットであることがよくあります。

このパワーがどれだけ必要かを理解するには、ベルトサンダーが何でできているかを知る必要があります。その名前にちなんで、この電気サンダーは非常に大きな研磨粒子が点在するサンディングベルトを備えています。したがって、ベルトサンダーと同じように機能しますが、代わりに幅の狭いベルトが装備されており、精密なサンディングが可能です。紙製の研磨ベルトを駆動する2つのローラーで構成されています。

ベルトサンダーはいつ使用しますか?

あなたが最高のものを探しているなら 石膏ボードサンダー または石膏、ベルトサンダーは良い選択です。ビームやフレームにも使用できます。ベルトサンダーは 寄木細工のサンダー またはジョイストしますが、ユニットの重量を考慮して表面に過度のストレスがかからないように前後に移動します。

ホームセンターの専門家は、ハードウッドフロアなどの木製フロアをベルトサンダーで研磨して、オービタルサンダーやエキセントリックサンダーの悪影響を受けずに、より速く、より快適に作業できるようにします。簡単に言うと、この研磨装置は主に大きな木の表面を粗くするために使用されます。

汎用性のために、オービタルまたはエキセントリックサンダーを使用してください

オービタルサンダーは、オービタルサンダーまたはアブレイシブディスクサンダーですが、動作が少し異なります。オービタルサンダーには、サンドペーパー製のサンディングディスクを取り付けるための回転プレートまたはサンディングパッドが装備されています。偏心サンダーは同じ方法で研磨しますが、中心軸に偏心回転を追加します。

オービタルサンダーの平均出力は800ワットで、木製の表面を粗くしたり、彫刻して素敵な仕上がりにすることができます。オービタルポリッシャーは、傷を取り除くために車体によく使用されるのはこの目的のためです。ペイントの研磨でもストリッピングでも、この電動工具を使用すると、サンディング作業をより適切に制御できます。

エキセントリックサンダーを使用すると、15,000rpmの回転速度のデバイスを入手できます。これは、平らな面を研磨し、少し滑らかにして心地よい結果を得るのに理想的です。このサンディングツールは、振動ヘッドのおかげで軌道モデルよりもはるかに用途が広いです。 125ミリメートルから150ミリメートルの範囲の直径のテーブルトップを取り付けることができます。木や金属の表面であらゆる種類の仕事(小さな仕事や重い仕事)を行うことを計画している場合、このサンダーの偏心運動は荒削りや仕上げに最適です。

オービタルサンダーまたはエキセントリックサンダーを使用するのはいつですか?

寄木細工の床やその他の木製の表面の改修に取り組むには、オービタルサンダーがより適しています。しかし、石膏または石膏板に関しては、専門家は壁または仕切りの高さに到達し、ほこりの吸引のおかげで粒子の吸い込みを避けるために真空サンダーを選びます。それ以外の場合は、代わりに、圧縮空気オービタルサンダーを見ることができます。これらのモデルでは、コンプレッサーが圧縮空気をユニットに供給して、研磨中に表面を吹き飛ばします。

きれいな仕事のために、振動サンダーを使用してください

より洗練された仕上がりには、最高のものから選択するだけで十分な場合があります ボッシュサンダース プロフェッショナル。ドイツのブランドはサンディングツールのベンチマークであり、 ボッシュオービタルサンダー それがもたらす結果で知られています。その電力は一般に約500ワット変動します。

ボッシュのオービタルサンダーが木工の専門家(大工、キャビネットメーカー、ジョイナー)の間で有名な場合、それは振動し、軽いサンディングに適しているためです。また、この物件のおかげで最高と言えます 多機能サンダー。実際、BoschProfessionalオービタルサンダーは次のように使用できます。 コンクリートサンダー セメント表面の改修工事に。

オービタルサンダーはいつ使用しますか?

この研磨機は、振動して研磨面の砂紙をこすります。この動作モードでは、サンダーは材料の薄層のみを除去できます。ただし、あらゆる種類の素材を研磨することもできます。

キャビネット製造や木工では、専門家はオービタルサンダーを使用して、仕上げ(ワニス、ワックス、ステイン、オイルなど)を受け取る前に木製の表面を準備します。

オービタルサンダーは、角度を形成する2つのオブジェクトの表面を完成させることもできます。したがって、このタスク用に特別に設計されたデバイスである三角サンダーを置き換えることができますが、強力ではないという欠点があります。

垂直面の場合は、ウォールサンダーまたはキリンサンダーを使用します

あなたはすぐにそれを理解します キリンサンダー またはあなたが購入しようとしている壁画は、あなたの壁や他の表面を垂直に研磨するために作られています。

2つの部屋を隔てるアーチの改修では、非常に軽量なウォールサンダーで研磨する方が実用的です。実際、ウォールサンダーの重量は平均で約3キロであり、改修作業中にほとんど労力を必要としません。ただし、伸縮ポールと真空クリーナーを備えたモデルを選択した場合、デバイスはすぐに12キロまで上昇する可能性があります。

この「重量」の問題を回避するには、キリンサンダーの方が適しています。重量が約5キロと軽いため、表面をあまり傷つけずに壁や石膏細工を行うことができます。ただし、目にほこりが入らないように、吸引システムを内蔵したモデルを選択してください。

Achetez un disque dur externe de qualité

Il est de mise d’acheter un modèle de disque dur externe de qualité afin d’amortir votre achat et pour assurer son efficacité, sa performance et sa durabilité. Inmac Wstore est l’enseigne idéale pour ce faire. Elle recense des modèles issus des marques les plus connues pour la qualité de leurs produits selon les avis des usagers. Ce n’est pas pour rien si cette enseigne est fort appréciée. Que ce soit en termes de design ou de capacité de stockage, choisissez parmi ces disques durs externes éprouvés par les constructeurs :
  • Le disque dur externe 2.5 est dédié idéalement pour les PC portables. En effet, son poids plume (environ 200 grammes seulement) en fait un modèle transportable par excellence. La capacité de stockage de ce modèle de disque dur externe va de 10 Go à 12 Go, tandis que sa vitesse de rotation vaut aux alentours de 5 400 rpm. Bien évidemment, le débit d’un disque fixe est bien supérieur à celui de ce modèle de disque dur externe. Mais avec ce dernier, il vous suffit de le relier à votre ordinateur portable grâce à un port USB et le tour est joué.
  • Le disque dur externe 3.5 est parfait pour les PC de bureau. La capacité de stockage de ce type d’appareil peut aller jusqu’à 8T. Quant à la vitesse de rotation, il est de 7 200 rpm, ce qui garantit une bonne lecture et un transfert de données rapide. Ce modèle est largement plus lourd que le modèle précédent. Et par ailleurs, contrairement au disque dur externe 2.5, celui-ci a besoin d’une prise électrique pour fonctionner. Un simple port USB ne suffira pas cette fois-ci. Heureusement qu’il est fait pour les ordinateurs de bureau, au moins, vous êtes sûr d’avoir une prise électrique à proximité.
  • Le disque externe SSD ou Solid State Drive assure des performances solides. Il constitue d’ailleurs la référence du moment en termes de disque dur. Si les disques durs sont habituellement constitués de plateaux pour stocker, le disque dur externe SSD, lui, est plutôt doté d’une mémoire flash. Il possède de nombreuses qualités, à savoir une robustesse, une durabilité, un excellent design, une bonne capacité de stockage, etc. Nous insistons sur la robustesse, car ce modèle de disque dur est vraiment le plus résistant aux chocs. Certes, il coûte un peu plus cher que les autres disques durs classiques, mais le disque externe SSD a l’avantage d’être moins fragile, moins bruyant (voire très silencieux) et beaucoup plus léger. Vu la rapidité excellente des transferts, il est même possible de travailler sur les fichiers contenus dans le disque dur lui-même. En outre, la consommation en électricité est moindre.
  • _