あなたのフィモ粘土を着色する:かなりの芸術

フィモ粘土

ポリマークレイの名称でも知られるフィモクレイは、フィモジュエリーやその他の装飾アクセサリーなど、さまざまな芸術品を作成するための非常に実用的な素材です。オリジナルのクリエイティブなスタイルを持つDIY愛好家に非常に人気のあるこのペーストは、インスピレーションに応じたモデリングを可能にする強力な展性を備えています。ただし、その色は非常に繊細であるため、特定のテクニックやトリックを習得することが不可欠です。

フィモ粘土を着色するために不可欠なアクセサリー

マイカパウダー、ピュアピグメント、アイシャドウの3つが基本です。これらの異なるアクセサリは同じように使用されます。実際、ポリマー粘土のモデリングが終了したら、ブラシを使用して着色粉末でコーティングする必要があります。あなたがしばしば注意を払わなければならない重要な詳細は、Fimoの接着特性に関係しています。これらは、生地を焼くときよりも生のときの方がはるかに重要です。このため、焼成段階の前にFimoジュエリーをコーティングすることが常に望ましいです。

ニス塗り

ポリマー粘土が着色粉末でコーティングされたら、全体をオーブンに入れてから、130°で15〜30分間焼きます。はるかに耐性のある装飾品を入手するために、調理時間を主張することをお勧めします。しかし、30分を超えると、調理によって茶色になったり、部品が焼けたりすることがあります。

焼成後、オブジェクトを冷却してニスを塗る必要があります。この作業は、ニスを塗るときに小枝が付着しないように、剛毛が柔らかいブラシを使用して行う必要があります。何よりも、圧力を避けて、フィモ粘土を繊細に塗る必要があります。

ニス塗りが終了したら、Fimoの作成物を乾燥させる必要があります。カラーリングが修正されました。

絵のディテール

塗装に関しては、 フィモ粘土の成形。したがって、所望のテクスチャーが得られたらすぐに、フィモを調理用のオーブンに入れなければならず、これは、上記のように、130°の温度で約30分間行われなければならない。焼成物は冷やす必要があり、冷水に浸す必要があります。このステップは、パーツを適切に硬化させるためにも不可欠です。このように調整された作品は、アクリル絵の具を受け取る準備ができています。希望の色に応じて、塗料は水で薄くなる場合と薄くならない場合があります。塗装工程が終了したら、ニスを塗る準備をするために、オブジェクトを再度乾燥させる必要があります。

作成されたオブジェクトの色を多様化する1つの方法は、すでに色付けされたFimoパンを混合することでもあります。

0 replies on “Colorer sa pâte Fimo: tout un art”