地下モーター化の長所と短所

地下ゲート電動化

ゲートオペレーターには利点しかありません。すでに、入り口を通過するたびに車から降りる必要がないため、日常の行き来が簡単になっています。電動ゲートの開閉はリモコンで行うので、非常に実用的です。スイングゲートモーターの設置に取り掛かる前に知っておくべき主な利点といくつかの欠点は次のとおりです。

地下モーター化の利点

Il convient de rappeler que la faacゲートの電動化により、ゲートの開閉が自動化されます 引き戸またはスイングゲート。より具体的には、地下モーター化はスイングゲートのモーター化システムです。すでに美的観点から、地下エンジンはあまりにも目に見える構造になりたくない人にとって不可欠であるため、この概念は多くの点で魅力的です。地面に埋められているため、他のタイプのスイングゲートオペレーターのように完全に見えず、スペースを取りません。

スライドゲートを選択その名前が示すように、地下モーター化は、ゲートの両端の下の地面に埋め込まれたゲートモーターで構成されています。すべての人に適しています types de portail battant, la motorisation enterrée s’adapte aussi bien à un modèle de portail en PVC, en alu ou en bois. Côté performance, ce genre d’automatisme de portail assure une ouverture et une fermeture rapide de vos battants jusqu’à un angle de plus de 180 °. Que le portail présente un système à piston ou à vérins, il faut savoir que la motorisation enterrée s’adaptera aisément à la structure présente et assure un bon niveau de performance. Robuste et efficace, la motorisation enterrée ne se détériore pas avec le temps et comme elle reste bien enfouie dans le sol, les risques de dysfonctionnements sont réduits. Pour ce qui est du côté pratique, ce type de motorisation est facile à activer puisqu’il suffit de lancer le moniteur de détection ou d’appuyer sur la télécommande pour lancer l’ouverture et la fermeture du portail automatisé. En ce qui concerne l’entretien de la motorisation enterrée, comme les risques de pannes sont réduits avec ce genre d’automatisme de portail battant, un entretien du moteur portail tous les deux ans sera amplement suffisant.

地下モーター化の不利な点

埋め込み自動化の欠点の側面では、おそらく非常に制限されたままのスイングゲート用のこのタイプのモーター化のインストールを除いて、言及する点は多くありません。メカニズムは地面に埋められなければならないので、これ 石積み作業が必要です と電気のいくつかの知識。実際には、モーターを取り付けるだけでなく、自動ゲートに配線を接続して機能させることも検討する必要があります。ゲートモーターを確実に始動させるには、通常、220ボルトの電圧供給が必要であることに注意してください。最後に、設置の難しさを最小限に抑えるために、既存のゲートよりも新しい設置の方が埋設モーター化がはるかに推奨されることを覚えておく必要があります。