???10???Varlope2021

新しいVarlopeを選択するのは難しいですか?これを書いた Varlope特別購入ガイド あなたを助けるために、現時点で最高の売上高のトップ10、テスト、意見…のように すべての購入ガイド、私たちはあなたが最高のVarlopeを選ぶのを助けるために最善を尽くしました!

ヴァロープのセレクション

Varlope購入ガイド

大工や建具の分野で使用され、 Varlope 木を磨き、まっすぐにすることを目的とした楽器です。その使用には、買収と同様に、ある程度の習熟が必要です。この記事の目的は、テストまたは比較を行い、から選択するための基本事項をお知らせすることです。 最高のvarlope 可能。

バロープの特徴

他のタイプのプレーナーと同様の形で、varlopeには文字通りそれを区別する特定の特性があります。確かに、すぐにあなたを驚かせるのはサイズです。 varlopeは、既存のすべての平面の中で非常に単純に最大です。彼女の身長は約60cmです。さらに、他のタイプのプレーナーのように、varlopeがボードの表面を平らにすることを目的としている場合でも、このツールの重要性は、カットするワークの長さと幅にあります。感じさせます。

そのサイズのために、この巨大な飛行機ははるかに大きなスペースを占めることができます。したがって、このコンテキストで実行されたテストで証明されているように、より広い領域の木材のプレーニングを処理できます。今日は varlopes 少し進化しました。完全に金属でできていて、ユーザーにより多くの快適さを提供するものもあります。同様に、 Varlope ジョイナーという名前の機械につながる電動化を知っています。

バロープの使い方は?

の使用 Varlope 他のプレーナーのそれと幾分似ています。最初に行うことは、明らかにボードを水平にするように配置することです。したがって、問題のボードはベンチバイスに完全に固定されている必要があります。悪い傾斜によって偏らない仕事を促進するために、それは水平でなければなりません。

次に、varlopeを木の長さの方向に配置する必要があります。一方の端から始めて、もう一方の端に移動することをお勧めします。したがって、木材は滑走の動きごとにチップを放出します。一方で、これは突然の激しい動きで飛行機を押すことではないことを強調することが重要です。むしろ、それはそれが木の表面を滑るのを助けることについてです。

同様に、木材の切り込みの大きさを制御することも可能です。これを行うには、ダイヤルを使用する必要があります。これにより、ブレードを上下させることができます Varlope、金属の場合。使用中、 Varlope 両手で持つ必要があります。木製のバロープのカッティングアイアンの位置を調整する場合、必要なのは頑丈な楽器を持ってきて、頭に数回打撃を与えることだけです。それを取り出すには、同じことをしなければなりませんが、varlopeの裏側で行います。

バロープの種類

Les varlopes サイズによって区別されます。バロープの最大サイズが60cmの場合、45cmのサイズのものもあることを知っておいてください。この場合、 ハーフバロープ。彼女の役割は偉大な人のそれとまったく同じです Varlope.

また、 メタルバロープ これは、とまったく同じ属性を保持します 木製のvarlope.

最後の種類 Varlope 電動バロープです。その本名は目地棒です。 90〜135°の角度を形成する表面をまっすぐにすることができます。目地棒は、プレーナーによってその仕事を補うことができます。

あなたのvarlopeを選ぶ方法は?

varlopeについて何を知る必要があるかがわかったので、問題はどのように自分のものを選択するかです。テストまたは比較を行うことにより、どちらが最適かがわかります Varlope.

Déjà que vous savez à quoi peut servir une Varlope, la question à laquelle il va falloir répondre, c’est quelle est la taille du travail à accomplir. Êtes-vous un ébéniste, un menuisier ou un charpentier ? Avez-vous l’habitude de travailler du madrier ? Ou est-ce que vous n’utilisez pas de grande surface de bois dans votre activité ? Cela vous permettra de savoir quelle taille de Varlope choisir. Plus grande elle sera et plus elle sera adaptée au travail sur de grandes surfaces.

また、それを使用するために必要な快適さを考慮に入れる必要があります。確かに、 古典的なvarlope, c’est-à-dire celle en bois est plus accessible, celle en métal coûtera évidemment plus cher, mais vous offrira bien plus d’ergonomie.

Enfin, si vous travaillez du bois en grande quantité, il faudra vous tourner vers une varlope motorisée (la dégauchisseuse).

トップセラー

Dernière mise à jour : 2021-08-02 02:32:44