???10?????????????2021

新しい寄木細工のサンダーを選ぶのは難しいですか?これを書いた 特別購入ガイド寄木細工のサンダー あなたを助けるために、現時点で最高の売上高のトップ10、テスト、意見…のように すべての購入ガイド、私たちはあなたが最高の寄木細工のサンダーを選ぶのを助けるために最善を尽くしました!

寄木細工のサンダーの私達の選択

寄木細工のサンダー購入ガイド

木製の床を研磨するには、ハンドサンダーでは不十分です。このためには、寄木細工のサンダーが不可欠です。寄木細工のサンダーは、大型のベルトサンダーとして定義できます。実際、ハンドサンダーとは異なり、フロアサンダーははるかにかさばります。その重量は通常40キロ以上です。寄木細工のサンダーは、ハンドルで操作しながら立って使用できます。サンディングはベルトサンダーと同じ原理で、機械の重さのおかげで行われます。

フロアサンダーを使用すると、木製の床をサンディングするときに長時間厄介な位置に身を置くことを防ぐことができます。寄木細工のサンダーを使用すると、最小限の時間で床を研磨できるだけでなく、より良い平坦性を確保できます。寄木細工のサンダーのさまざまな既存のモデルをテストおよび比較するには、それらの選択を考慮に入れるためのさまざまな特性を知っておく必要があります。

寄木細工のサンダーの研磨面の寸法

Le premier critère à prendre en compte lors de l’achat d’une ponceuse à parquet est la dimension de sa surface de ponçage. Une ponceuse à parquet disposant d’une importante surface de ponçage constitue un meilleur choix. En effet, cela permettra à la ponceuse à parquet de poncer une plus grande superficie à chaque passage. Facilitant ainsi le travail et vous faisant gagner du temps. Les tests et les comparatifs ont également démontré qu’une large surface de ponçage permet de rendre le ponçage plus homogène et régulier. Que ce soit pour le ponçage de sol de petite ou de grande superficie, une ponceuse à parquet disposant d’une large surface de ponçage constitue un meilleur choix.

フロアサンダーの研磨速度

最高の寄木細工のサンダーを選択する際に考慮すべき2番目の基準は、その研磨剤の速度です。寄木細工のサンダーのサンディングプロセスはベルトサンダーのサンディングプロセスと類似しているため、研磨剤の速度はメートル/分で表されます。サンディングに必要な時間を短縮するのに役立ちますが、研磨速度の速いフロアサンダーを選択することが必ずしも最良の選択であるとは限りません。

実際、テストと比較により、寄木細工のサンダーの研磨速度は、実行するサンディングのタイプに応じて選択する必要があることが示されています。木製の床を滑らかにし、平らにするためには、高い研磨速度のサンダーがより良い選択ですが、仕上げ作業には、より適度な研磨速度のモデルが推奨されます。

寄木細工のサンダーの集塵機

フロアサンダーを選ぶときに見逃してはならない3番目の要素は、その集塵機です。寄木細工のサンダーには、装備されている集塵機に応じて2種類あります。つまり、フレキシブルダストコレクターを備えたものとリジッドダストコレクターを備えたものです。ソフトレキュペレーターサンダーには、いっぱいになったときに簡単に空にできるという利点があります。確かに、集塵バッグは、硬い集塵コンテナよりも分解と清掃が簡単です。

フロアサンダーの集塵機の容積も見逃せない要素です。それが柔軟なまたは堅い回復器であるかどうか。より寛大なボリュームコレクターを使用すると、フロアサンダーを空にする頻度を減らすことができます。これは、大きな木の床を研磨するときに真の利点です。

寄木細工のサンダーの延長

最適なフロアサンダーを特定する際に考慮すべき4番目の基準は、その延長の長さです。寄木細工のサンダーはコンセントから電力を供給されるため、延長を長くするとリーチが広がります。これは、広い部屋の木製の床をサンディングする場合や、木製のテラスなどの屋外で作業する場合にも不可欠です。

電源ケーブルに邪魔されないように、特に寄木細工のサンダーを使用するときに電源ケーブルが転がらないようにするには、コイルを備えたモデルを選択することが不可欠です。このアクセサリーは、寄木細工のサンダーの使いやすさと実用性に大きく貢献します。

寄木細工のサンダーの力

寄木細工のサンダーのさまざまなモデルをテストおよび比較するときに考慮すべき最後の基準は、その能力です。これはワットで表されます。寄木細工のサンダーの出力は、一般に2500ワットから5000ワットの間です。サンダーが強力であるほど、その効率は高くなります。?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????

トップセラー

Dernière mise à jour : 2021-03-30 02:37:57