???10????????????2021

新しいPlatreSanderを選択するのは難しいですか?これを書いた 特別購入ガイドプラトレサンダー あなたを助けるために、現時点で最高の売上高のトップ10、テスト、意見…のように すべての購入ガイド、私たちはあなたが最高のプラトルサンダーを選ぶのを助けるために最善を尽くしました!

プラスターサンダーのセレクション

プラスターサンダー購入ガイド

石膏サンダーは、壁や天井を仕上げるために不可欠なツールです。市場には多くのモデルがあり、ドライウォールサンダーの選択は難しい場合があります。このツールを購入する際に考慮すべきさまざまな特性を知っていると、既存の石膏サンダーのさまざまなモデルを簡単にテストおよび比較できます。

さまざまな種類のドライウォールサンダー

Les deux principales variantes des ponceuses à plâtre sont les modèles à main et les modèles girafes. Les ponceuses à plâtre à main sont parfaites pour un travail de précision. En effet, leur configuration permet une meilleure prise en main. Cela permet notamment d’avoir un meilleur contrôle sur la pression exercée sur le mur ou le plafond durant le ponçage, mais également de mieux diriger la ponceuse à plâtre. Toutefois, les tests et les comparatifs ont démontré qu’une ponceuse à plâtre girafe constitue un meilleur choix lorsqu’il s’agit de poncer les plafonds et les parties en hauteur des murs. Dans le cas où vous utiliser une ponceuse à plâtre dépourvue d’un manche pour intervenir en hauteur, il vous faudra obligatoirement utiliser un escabeau, ce qui n’est pas très pratique pour poncer de grandes surfaces puisque vous devrez déplacer ce dernier à chaque fois.

Une ponceuse à plâtre girafe se caractérise par une perche en guise de manche. Cela permet d’atteindre facilement les surfaces en hauteur et est particulièrement pratique lorsqu’il s’agit d’une intervention sur un plafond. Avec une ponceuse à plâtre girafe, vous pourrez aisément poncer l’intégralité de vos murs et de vos plafonds sans devoir utiliser d’un escabeau ou d’un marchepied. Vous disposerez donc de plus de mobilité ainsi que d’une meilleure praticité et d’un meilleur confort d’usage. Il existe deux variantes de ponceuse girafe. À savoir : celles à manche fixe et celle à manche télescopique. Les ponceuses girafes télescopiques constituent un meilleur choix. En effet, leur manche offre un meilleur confort d’utilisation et son plus pratique. La longueur du manche pouvant être ajusté selon les convenances de l’utilisateur et la surface à atteindre. Un manche télescopique offre également une meilleure portée à la ponceuse à plâtre : indispensable pour des murs et des plafonds de plus de 2 mètres de hauteur.

重量:ドライウォールサンダーを購入するときに見逃してはならない機能

石膏サンダーを選択する際には、機械の重量が重要な基準になります。特にキリンサンダーの場合。テストと比較により、特に重いものは長期間使用すると不快になる可能性があることが示されています。確かに、石膏サンダーは水平ではなく垂直に使用されるため、使用中は空中に保持する必要があります。ドライウォールサンダーが軽いほど、使いやすさが向上します。

石膏サンダーのさまざまな吸引システム

ドライウォールサンダーは、真空システムも特徴です。実際、プラスターサンダーは、高所での作業に欠かせないサンディングで発生するほこりを吸い上げるように設計されています。これにより、作業スペースや衣服が汚れるのを防ぐだけでなく、ほこりを吸い込むという呼吸のリスクからあなたを守ります。ドライウォールサンダーには、真空システムを考慮して2つのバリエーションがあります。つまり、吸引装置が組み込まれているものと、真空クリーナーに接続する必要があるものです。

真空システムが統合されたドライウォールサンダーが最適なモデルです。確かに、このタイプの石膏サンダーを使用すると、ワークスペースが乱雑にならないことに加えて、より多くの機動性が得られます。真空システムを内蔵したドライウォールサンダーのダストバッグは、使用時に肩にかけます。 ACコンセントに差し込まれているワイヤーだけが潜在的な不便になります。ただし、テストと比較では、回収バッグの容量に特別な注意を払う必要があることが示されています。確かに、大容量のバッグを使用すると、頻繁に空にする必要がなくなります。

広い範囲を研磨する場合は、真空クリーナー出力のプラスターサンダーをお勧めします。実際、このタイプの石膏サンダーに接続されている真空クリーナーには、より寛大な収集バッグがあります。ただし、真空出口を備えたドライウォールサンダーは人間工学的ではありません。これは、バキュームクリーナーアダプターホースが邪魔になり、デバイスの範囲が制限される可能性があるためです。特に、次の表面に取り組むことができるように、サンディング作業中に定期的に真空クリーナーを移動する必要があります。

研磨固定システム

ドライウォールサンダーを購入する際に考慮すべき最後の基準は、その研磨アタッチメントシステムです。セルフグリップモデルとベルクロモデルの2種類があります。ベルクロモデルには、研磨シートをしっかりとグリップできるという利点がありますが、フックアンドループモデルよりも汚れやすくなっています。ベルクロ研磨剤もより高価です。

トップセラー

最終更新日 : : 2021-04-10 02:37:00